WordPress5.0新エディターが使いづらい!「classic editor」に戻す方法

 

 

 

2018年2018年12月7日、ワードプレス5.0がリリースされました!・・・が、これが使いづらい、

 

 

 

 

 

 

まだ、慣れなくて使い勝手が いまいちわからない?

いずれにせよ2年後サポートが終了しますので、このエディタを使って編集することになります。

今のところ、まだ当分は旧エディタを使えますから、いいとして・・・・

導入の仕方は抑えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

編集画面が変わったのは、

今回から「Gutenberg」(グーテンベルグ)というビジュアルエディタ(編集画面)が加わったたからです。

以前のエディタが使いやすい!

そんな方もいらっしゃると思われますので今回は、、新エディタをもとに戻す(クラシックエディタにする)方法をお伝えしたいと思います。

 

この作業をすることによって、従来の編集画面での作業が可能になります!

それでは、解りやすく解説します。

 

     ・プラグイン【Classic Editor】をインストールします。

 

① 管理画面から「プラグイン」→「新規追加」と進みます。

③ キーワードプラグインの検索のところに「classic editor」と入力しましょう。

 

 

 

 

 

①「classic editor」と入力したら

② 左上の「今すぐインストールインストール」をクリック。

 

 

 

 

 

③有効化をクリック

 

 

 

以上で簡単に元の「classic editor」に戻すこととができました。

 

まとめ